【A】最新規格のWi-Fiなら、インターネットを快適に利用できる
 従来は、利便性を重視するならケーブル不要な無線のWi-Fi、速度を求めるなら有線LANを選択することが一般的でした。しかし、Wi-Fiが高速化した昨今では、状況が大きく変わりつつあります。
 例えば、第6世代にあたる最新のWi-Fi規格「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)」では、規格上の最大転送速度は約9.6Gbpsで、有線LANで普及しつつある10GBASE-Tの10Gbpsと、ほぼ同等の通信速度を実現しています。
 約9.6Gbpsというのは、もちろん理論上の数値で、現在販売されているWi-Fiアクセスポイントの最大通信速度は半分の約4.8Gbpsです。また、子機1台との通信速度を見ると、最大でも約2.4Gbpsです。
 なお、1つ前の「Wi-Fi 5(IEEE 802.11ac)」の規格上の最大通信速度は約6.9Gbpsですが、現在販売されているルーターなどの製品は2533Mbps、子機の通信では866Mbpsが最大通信速度です。
 Wi-Fi 6、あるいはWi-Fi 5で通信を行うには、親機側となるWi-Fiアクセスポイントと、PCやスマートフォンといった子機側が、それぞれの規格に対応している必要があります。さらに言えばWi-Fiの通信速度は、電波状況などによっても変わってきます。
Wi-Fi 6対応ルーターであるバッファロー「WXR-6000AX12S」。Wi-Fi 6対応のPCやスマートフォンで、古いWi-Fiルーターを使っているなら、買い換えれば通信速度を大幅に向上できる可能性がある
 それでも、インターネットへのアクセスが主な用途であれば、Wi-Fiがボトルネックになることは少ないはずです。Wi-Fi 6や5の環境がすでに整備されているなら、Wi-Fiと有線LANの両方に対応しているPCであっても、基本的にはWi-Fiでネットワークにつなげばいいでしょう。 連載『“Wi-Fiの困った”を解決できる便利ワザ』について
スマホをWi-Fiに接続する方法は? Wi-Fiがつながらない原因と解消法は? Wi-Fiルーターの選び方は? この連載では、これからWi-Fiを導入する人や、Wi-Fiを導入しているがトラブルを抱えている人に向けて「Wi-Fiの基本」や「トラブル解消のテクニック」をQ&A形式で解説していきます。 “Wi-Fiの困った”を解決できる便利ワザ「構築編」記事一覧Wi-Fi(無線LAN)を使い始めるには何が必要?Wi-Fiルーターの「ルーターモード」と「アクセスポイントモード」って何?Wi-Fiルーターはどこに置くべき?iPhoneをWi-Fiに接続するには?AndroidをWi-Fiに接続するには?Windows 10をWi-Fiに接続するには?Wi-Fiをつなぐのって難しそう……PCは有線LANと無線LAN(Wi-Fi)、どちらでつなぐべき?Wi-Fiルーターには、同時に何台まで接続できる?Windows 10で接続するWi-Fiの優先順を設定するには?外出時にノートPCでネットしたい!! 手持ちのスマホでつなぐには?「Wi-Fiの使い方」に関するこのほかの記事/掲載予定の記事 一覧#series-contents .current-page { font-weight: bold; }

関連記事

連載
“Wi-Fiの困った”を解決できる便利ワザ
「Wi-Fiの基本」から「Wi-Fiトラブル解消テクニック」まで、Q&A形式で解説!
2021年5月6日

連載
“Wi-Fiの困った”を解決できる便利ワザ
Wi-Fi(無線LAN)を使い始めるには何が必要?
2021年3月31日

連載
“Wi-Fiの困った”を解決できる便利ワザ
Wi-Fiルーターの「ルーターモード」と「ブリッジモード」って何?
2021年4月7日

連載
自宅Wi-Fiの“わからない”をスッキリ!
第1回:「ギガ」を減らしたくなきゃ、自宅Wi-Fiルーターを使え!
2017年10月23日

投稿者 Akibano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です