株式会社ジャストシステムは23日、10代~60代のスマートフォンユーザー500人を対象に実施した「年末年始のスマートフォン利用に関するアンケート」の調査結果を発表した。
 年末年始(2014年12月30日~2015年1月5日)で、1日あたりの平均接触時間が最も長かったメディアは「テレビ」で約276分、続いて「パソコンからのインターネット接続」が約235分、「スマートフォンからのインターネット接続」が約138分だった。
 テレビは世代別でもすべて1位となっており、接触時間が最も短かった10代でも189.2分に上り、スマートフォンの184.8分を上回った。2014年12月度調査では、10代の1日あたりのスマートフォン接触時間が135.3分で、テレビの101.8分を上回っていたが、これが年末年始では逆転した。
 なお、テレビに限らず、年末年始にはメディアの接触時間が増えている。通常時よりも倍増し、1日あたり合計800分を超えている年代もある。
各種メディアのプライベートでの視聴・閲覧状況
 また、年賀状については、一切出さずにすべてSNSで挨拶を済ませた人が13.6%いたことが分かった。「7割ぐらいの知人はSNSで済ませた」は8.2%、「年賀状も出したが、1割ぐらいの知人はSNSで済ませた」は14.8%、「すべての知人に年賀状を投函した」は21.0%だった。
(山川 晶之)

関連リンク 年末年始のスマホ利用実態調査http://www.fast-ask.com/report/report-nenmatsumedia-20150123.html

関連記事

スマホは我々からどのような時間を奪ったのか――ジャストシステムが調査
2014年12月17日

メディアとしての影響力、10代ではスマホ>パソコン>テレビ
ケータイ Watch
2015年1月16日

“若者のパソコン離れ”が急加速? 利用時間が1年で約3分の2に減少
2014年10月10日

投稿者 Akibano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です