株式会社矢野経済研究所(YRI)は9日、2013年度の「オタク」市場に関する調査結果を公表した。
 2013年度の分野別市場規模では、「アイドル」市場が前年度比19.9%増の863億円と推計している。AKB48やその派生グループの人気が続いているほか、ももいろクローバーZなど他のアイドルの登場により、市場が拡大している。
 このほか、「ボーカロイド」市場が前年度比19.2%増の87億円、「トイガン」市場が前年度比23.1%増の80億円で、2割程度成長している。
 日本国内在住で15歳~69歳の男女1万80人を対象にしたアンケート調査では、自分を「オタク」だと思うまたは人から言われたことがあるかという質問に対して、23%が「はい」と回答した。このうち、既婚者(現在結婚している、または結婚歴あり)は33%だった。
 「オタク」と認識している層を対象とした、分野別の年間平均消費金額は、「アイドル」が9万4738円で最も高く、次いで「鉄道模型」が3万7330円、「アダルトゲーム」が4万1877円など。
(三柳 英樹)

関連リンク プレスリリースhttp://www.yano.co.jp/press/press.php/001334

関連記事
一般層の取り込みが進み「オタク」市場が拡大、YRI調べ
2012年10月15日

投稿者 Akibano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です