Windows 7
 Windows 7の「メインストリームサポート」期間が、米国時間の1月13日に終了した。今後は5年間の「延長サポート」期間となり、2020年1月14日までセキュリティ更新プログラムの提供は引き続き行われる。
 Windows 7は、2009年10月に一般販売を開始した。マイクロソフトの製品サポートは、製品発売から最低5年間の「メインストリームサポート」と、最低5年間の「延長サポート」を提供しており、今回、メインストリームサポート期間が終了となった。
 メインストリームサポートが終了すると、仕様変更や新機能のリクエスト、無償サポートといったサポートが受けられなくなる。延長サポート期間中も、セキュリティ更新プログラムと有償サポートは引き続き提供されるが、2020年1月14日に延長サポートも終了すると、以降はセキュリティ更新プログラムの提供を含む、すべてのサポートが受けられなくなる。
 なお、2007年発売のWindows Vistaについては、すでに2012年にメインストリームサポートが終了しており、延長サポート期間の終了が2年後の2017年4月11日に迫っている。
 セキュリティ更新プログラムが提供されなくなると、攻撃に対して危険な状態となり、ウイルスへの感染、個人情報漏えいなどのリスクが高まる。マイクロソフトでは、OSのサポート終了に備え、新しい環境への移行を早めに検討するよう呼び掛けている。
Windowsのサポートライフサイクル
(三柳 英樹)

関連リンク Windows 7 メイン ストリーム サポート終了のお知らせhttp://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/eos/consumer/default.aspx

関連記事

Windows 7のメインストリームサポートが1月13日終了、全サポート終了まであと5年
2015年1月5日

Windows 7ともお別れの心づもりを、東京五輪のころにはすでにサポート終了
2014年4月10日

XPの次は……Vistaのサポート終了は2017年4月、あと3年
2014年4月2日

投稿者 Akibano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です